【いちじくあっしゅくしけん】一軸圧縮試験

一軸圧縮試験とは、自立する供試体に対して、拘束圧が作用しない状態で圧縮を行ない、
最大圧縮応力を求める試験です円柱状の供試体(高さは直径の1.8~2.5倍)を
1分間に高さの1%の圧縮速さで圧縮して最大圧縮応力(一軸圧縮強さ)破壊ひずみ
変形係数などを求めます。

 

一軸圧縮試験のページへ