【えきせい・そせいげんかいしけん】液性・塑性限界試験

粘性土のコンシステンシーは、たっぷり水を含んだ液状から水が少なくなるにつれて
塑性状、半固体状、固体状と変化します。それらの状態の境界を含水比を用いて区分した時、
液状と塑性状の境界を液性限界塑性状と半固体状の境界を塑性限界としています。

液性・塑性限界試験のページへ