室内試験 > 配合設計試験

配合設計試験

固化材(セメントや石灰)の量を3段階変えて土に
混合し、目的の強度が得られる固化材添加量を求める試験です。
路体改良のためには、配合設計(コ-ン試験)を
路床改良のためには、配合設計(CBR試験)を
構造物基礎地盤の改良には、配合一軸圧縮試験を
施工目的に合わせて、試験を選びます。

【規格】JIS A 1228